2019年06月24日

首長、議員の「働き方改革」は、行財政改革につながるか

F78B6C76-0887-4EAC-875F-07B6C7DA637C.jpeg

前代未聞!? 衝撃の「市長の働き方改革」

2019年6月21日
行事への出席や有権者回り、さらには…、政治家の土日はとても忙しいのです。そんな中、“土日は休みます!”と宣言した市長がいます。そんなこと、ホントにできるのですか?(福島放送局郡山支局記者 桜田拓弥)



「未来を拓いた『一本の水路』-大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代-」のストーリーで日本遺産登録を獲得、市役所の問題解決能力向上にための公開プレゼン「こおりやまカイゼン運動」、郡山市ファンクラブ設立、市のキャラクターがくと(音楽都市を標榜)くんとハーモニー大賞等、さまざまな先進的取り組みを行う郡山市。我々も委員会や会派で何度も視察に伺い、勉強させて頂いています。

そんな郡山市の品川市長は、東大法学部卒、郵政省からNTTデータ副社長等を経て、平成25年郡山市長に。私と同期ではないですか(笑)
さまざまな発言が話題にのぼる品川市長ですが、この度、土日休みます宣言、大変興味深く見ております。

FDF7CC68-F15A-4C6C-86BC-DE011D35D734.jpeg

福島県の中心部に位置し、東北新幹線の駅がある郡山市。利便性のよさから、さまざまな団体がイベントを行うため、来賓として呼ばれることが多いのだそうです。お呼ばれする場合は、基本的には、担当の秘書職員や公用車のドライバーも一緒に動いてきたため、職員もなかなか休めませんでした。
「働き方改革」の流れの中、市長は、みずからができることを検討した結果、職員の負担が減る今回の決断に至ったのだそうです。

墨田区に翻ると、地縁や地域力、区民力が強い本区だけに後援団体の式典や、スポーツ大会、後援する行事への激励訪問等、土日は特にたくさん開催されています。うちの山本区長も毎日さまざまな行事に忙しく飛び回り、おそらく完全なお休みは年に数日と拝察します。これは区長部局の職員にも言えることです。

議会でも繰り返し質問していますが、私は常々、区長と職員の皆さんにはもっと外へ出て、他自治体の事例や見本市等業界の動向等、さまざまなモノことを見て、吸収して本区の施策に役立たり、繋がって自治体や企業との連携・コラボなどして欲しいと思っています。特に区長は多忙すぎて、区外での営業宣伝渉外活動がままならない状態がずっと続いており、改善すべきです。

政治家出身の山本区長、サービス精神が旺盛なのも手伝って、全ての行事に参加「したい」、頑張っている区民の皆さんを激励「したい」という気持ちは、非常に理解できます。私も同じなので。とはいえ、今回の品川市長の発言、行財政改革の上で、試算を行うなど、一考の価値はあると思います。
posted by 坂井ユカコ at 09:21| 東京 ☔| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

本会議提案の「外国人旅行者向け滞在ガイド」ダウンロード可能に

東京都の訪都旅行者数等実態調査結果によれば、平成29年、東京を訪れた外国人旅行者数は過去最多の約1,377万人(対前年比5.1%増)で、そのうち1,030万人が都内に宿泊しています。スカイツリー等、多くの観光資源を有する我が区にも、多数の外国人が滞在していることが推測されます。

地域住民からは、外国人旅行者を見かけることに慣れてきた、といった意見と同時に、マナーに関する摩擦を懸念する声が、聞こえます。

多くの訪日外国人は、その国の文化に敬意を払い、ローカルルールを楽しみたいと思っていますが、このローカルルール、暗黙の了解すぎる事から、文化の異なる訪問者が理解するのは、至難の業なのもまた事実です。

トラブルや苦情を未然に防ぐためには、我々から伝えることも重要です。
そこで私は、これまで実際に寄せられた苦情やご意見を集約し、墨田区の生活環境や住宅事情等を反映した外国人滞在者向けの滞在ガイドが作れないかと提案しました。

普段事務作業に携わっている職員さんたちが頑張って作成したガイド。ゲストハウスが隣人である我が家もまず最初に感じた事が書かれており、区民の皆さんからの率直なご意見が反映されていることを確認しました。このガイド、多言語化され、宿で必要事項を追記・編集して、滞在者に手渡したり予約メールに添付したりできるようなしつらえになっています。

外国人観光旅客である宿泊者への対応について(多言語)
http://www.city.sumida.lg.jp/kenko_fukushi/eisei/juutaku_syukuhaku/minnpakujigyou.html

小さい事からコツコツと、住んでいる人も、海外からの旅行者も、良好な関係を築ける仕組みを作っていきたいです。

滞在ガイドは更なる内容の充実が望まれますので、ぜひご覧頂き、ご意見を頂ければと思います。


ぶろぐ2.jpg


ぶろぐ.jpg
posted by 坂井ユカコ at 15:03| 東京 ☁| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

行財政改革等特別委員会委員長を拝命しました。

5月27日、改選後初の墨田区議会招集議会が開会されました。
今年度から墨田区議会は通年議会となり1年間開会します。
まずは本日、区議会議長・副議長の任命、および常任委員会・特別委員会の設置と委員長・副委員長が任命され、議会人事が決定しました。合わせて副区長、監査委員も任命されました。

私は議席番号は1番から5番になり、常任委員会は区民福祉委員会に所属します。
そしてこの度、坂井ユカコは、行財政改革等特別委員会の委員長を拝命いたしました。

この委員会では、区の行財政改革及び都区制度改革の推進、児童相談所の移管ならびに地方公会計制度の諸問題について総合的に調査し、対策を検討します。特に10年計画の折り返しとなる「墨田区基本計画」中間見直しは、本区の将来を方向づけるものです。

大変な重責に身の引き締まる思い。
地方分権時代、中長期的な視点で、より区民の皆様がのぞむ墨田区の将来像へつながる議論となるよう努めてまいります。

10CB47D5-CB98-405D-A93E-994D3CF40A8E.jpeg
posted by 坂井ユカコ at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

「すみだ区議選TV」に出演しました。

53720091_2060064470773565_7275614718989959168_o.jpg

このたび錦糸町放送局さまのご協力で「すみだ区議選TV」に出演する機会を頂きました。

撮り直しがきかない一発勝負で、非常に緊張して途中何度か頭が白く、、、す、すみません、ちょっと・・・タイム!と言いたい気持ちに何度もなりながら、平静を装って話す私。(ちと恥ずかしい)

53413543_599487910515804_1339963198589108224_o.jpg

このような素晴らしい機会を作って頂き、錦糸町放送局およびすみだ区議選TVの皆さまには感謝の言葉もございません。
(ちなみに収録途中ここに書けないハプニングwが発生しています)

すみだ区議選TV本体の動画は、告示日前日までの公開ですが、候補者自身は、選挙期間中も動画配信が可能とのことです。
あわせて、坂井ユカコチャンネルには、過去の定例会での一般質問等もアップされております。ぜひご覧ください




坂井ユカコチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvlANWFeRlTHpgO39Wiqn4w

坂井ユカコのホームページ
http://sakaiyukako.jp/
posted by 坂井ユカコ at 15:26| 東京 ☀| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

平成30年度第一回定例会一般質問(手話を使いました)

DSC_0052 - コピー.JPG

このたびの質問は、ろう者(聴覚障碍をお持ちの方)の理解促進、情報保障、訪日外国人対応等について質問しました。
1年間ボランティアセンターで勉強した手話を冒頭と結びで披露しました。
ろう者の皆さまが傍聴にみえられたので、傍聴席には手話通訳者が入りました。
本会議場での手話、傍聴席での手話通訳ともに、墨田区議会で初の出来事だったそうです。

議席番号1番、自由民主党、坂井ユカコです。
私からは、先に通告した大要3点について、質問いたします。
区長・教育長には、前向きな、ご答弁をお願いいたします。

●手話及びろう者への理解促進について伺います。

手話がどこでも使える社会へ向けた大きな一歩となる「墨田区手話言語及び障害者の意思疎通に関する条例」が、今定例会に議案として提出され、ろう者から、喜びの声が多数寄せられています。

平成21年の、学習指導要領改訂以降の今日、日本のろう教育は、手話教育が中心となっていますが、つい20年前まで、ろう学校で手話を使うことは、禁止されていました。口で話す訓練をする「口話教育」が、重要視されていたからです。聞こえないのに、声を出すことを求められ、当時、つらい思いをされた方も、多くいらっしゃったと聞きます。

このたびの条例で、手話などの非音声言語が、音声言語と同様に「言語」と定義づけられる事になります。ろう者苦難の歴史を顧みれば、実効性のある、より良いものにしていかなくては、と意を強くするものです。

さて、「手話は言語である」ということが世界で初めて定義されたのは、平成18年の「障害者権利条約」の国連総会による採択です。
国内においては、23年に「障害者基本法」が改定されました。
その後、25年に全国の自治体で初めて、鳥取県が手話言語条例を施行し、昨年末で、全国で234自治体、都内では4自治体が、手話言語や障害者の意思疎通に関する条例を制定しています。

まずは、
条例(案)制定に至る経緯を伺うとともに、先達自治体が多くある中での条例(案)提出における、本区独自の特色について伺います。
具体的に他自治体と違う点、工夫、踏み込んだ点をお示し下さい。

続いて、条例(案)の第五条、区民の役割として、障害者の意思疎通に係る、理解を深めることについて伺います。

秋篠宮佳子内親王殿下が、手話を使い、お言葉を述べるのをニュースでご覧になった方も多いと思いますが、今、佳子殿下のように手話を学ぶ人が増えています。全国手話研修センターが実施する「全国手話検定」を、10,059名もの方が、昨年受験されました。

現在墨田区で手話を知る機会としては、➀すみだボランティアセンターで行う年間40回の手話専門講座、②手話が話せる方向けの手話サークルといった活動が既にありますが、条例制定後は、さらに日常的に、多くの区民が、手話を知ることができ、手話表現に触れることができる、仕組みづくりが求められます。
今後どのような方法で、この機会を増やしていくおつもりか、伺います。

音の世界から、すべて隔てられている、ろう者の孤独を、健聴者が想像することは不可能です。だからこそ、聞こえないことはどういう事か、考えたり、想像する機会を作っていく事が大切です。
ろう者を知る事は、見た目にわからない障害をお持ちの方への、理解を深める事につながります。
区民全体、そして児童・生徒への取り組みを積極的に展開すべきと考えますが、この点について、区長ならびに教育長の所見を伺います。

あわせて、広報についても触れておきます。
昨年、手話言語条例を制定した江戸川区では、区民だより特集号を発行し、聞こえない人の毎日や、日常生活で困る場面、身近な手話表現、条例制定を機に始まる、庁内オープンスペースで、どなたでも参加することができる「初心者向け手話体験」等、大きく掲載しておられました。
条例制定に対する機運を区民に見える化することも、重要ですので、しっかりと取り組んで頂きたいと考えますが、区長のご所見を伺います。


DSC_0056 - コピー.JPG

●次に、情報保障について伺います。

情報保障とは、個人の「知る権利」を、実質的に保障するものです。
特に聴覚障害者は、音声によって提供される、情報や会話を理解できないため、日常的に、情報から疎外されています。
そのため、一般的に「情報保障」とは、聴覚障害者に対するコミュニケーション支援を指して用いられ、具体的には、手話通訳や要約筆記、字幕等の対応を指しています。

私は区議会に入って、区の大きな行事には、登壇者の傍らに、必ず手話通訳者が立ち、同時通訳をしていることを知りました。
東京都の定める『区市町村・事業者のための「心のバリアフリー」及び「情報バリアフリー」ガイドライン』を参考に、こうした対応を行っているとのことですが、参列者の中に、手話通訳による情報保障を必要としている方が、本当にいるのか、いつも不思議に思っていました。
何故なら、ろう者なら、手話通訳者と正対して、通訳して頂いたほうが、理解しやすいだろうと思ったからです。

そこでまず、
これまで、手話通訳者を派遣した行事等で、実際に手話による、情報保障を必要とする方を、把握されているのか。
個別に対応したほうが良い場合等、無かったのか、伺います。

一方で、区主催の行事でも、中規模の行事となると、急に手話通訳者を見かけなくなります。区の行事等において、手話通訳を派遣する、しない、の基準は、あるのか、この点についても、合わせて伺います。

本日開催の本会議のように、事前の申し出で、手話通訳等の対応ができる行事も有りますが、区民にお知らせする行事の殆どは、実質的に、健聴者のみが対象となっています。

折しも、31年度予算(案)には、タブレットを使った手話通訳サービスの提供を、準備しているとあります。このサービスが開始すれば、より簡便に、手話通訳を行うことが、できる環境が整います。

そこで、私からは、区主催及び区後援行事を案内する、パンフレットに、統一した文言やマークを配するなどして、「すみだの情報保障」をうたい、積極的にコミュニケーション支援を推進することを、提案します。

障害者差別解消法が、平成28年4月に施行され、障害をお持ちの方に対する不利益取扱いの禁止や合理的な配慮の提供が行政機関において法的義務となっています。

「墨田区手話言語及び障害者の意思疎通に関する条例」制定を機に、手話通訳や要約筆記、磁気ループ補聴器等を活用した、コミュニケーション支援が、一層進展していくために、また、障害をお持ちの方への合理的配慮の確かな一歩とするために、この提案への、区長の明快なご見解を求めます。


DSC_0061 - コピー.JPG

●最後に訪日外国人増加に伴う対応について伺います。

東京都の訪都旅行者数等実態調査結果によれば、平成29年、東京を訪れた外国人旅行者数は過去最多の約1,377万人(対前年比5.1%増)で、そのうち1,030万人が都内に宿泊しています。スカイツリー等、多くの観光資源を有する我が区にも、多数の外国人が滞在していることが推測されます。
また、本区居住の外国人に関しても、5年前は9,351人、今年2月1日現在12,629人と、着実に増加しています。
数年前と比べて、外国人を見ることが本当に増えたなぁ、という実感は、誰もがお持ちの事と思います。

昨年6月に、住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行され、新法における民泊の登録が、スタートしました。
そこでまず、本区における施行半年の届出状況及び受理状況、合わせて旅館業法におけるホテル・旅館・簡易宿所の申請状況を伺います。
合わせて、23区全体の届出・受理状況、他区との比較等から、分析できる点についても、お示し下さい。

地域住民からは、外国人旅行者を見かけることに、かなり慣れてきた、といった意見と同時に、マナーに関する摩擦を懸念する声が、聞こえます。

本区は、民泊、簡易宿所等に、責任者の連絡先の明記を求めていますので、まずは、実際に苦情等を受け付けた件数とその内容、苦情発生後の対応について伺います。

確かに一部に、マナーが悪い方がいることも事実ですが、多くの外国人は、その国の文化に敬意を払い、ローカルルールを楽しみたいと思っています。
ところがこのローカルルール、暗黙の了解すぎる事から、文化の異なる訪問者が理解するのは、至難の業である事も事実であります。

トラブルや苦情を未然に防ぐためにも、受け入れる側も、日本ならでは、下町ならではの慣習やマナーは、あらかじめ宿泊客に説明すべきです。
そこで、区民から寄せられた苦情や意見を基に、本区の実情を反映・集約した「下町滞在のしおり」のようなものを、電子データ等で、用意することはできないでしょうか。
宿泊施設 事業者が、予約時にメールに添付したり、チェックインの時に手渡す等、することができれば、住んでいる人も、海外からの旅行者も、良好な関係を築ける仕組みとなると思いますが、区長のご所見を伺います。
あわせて、その内容を観光協会や旅行会社を通じて周知できるような動きが出来ないか、さらに外国人の区内居住者が生活する上での参考資料と出来ないか。これらの視点についても、伺います。
さて、外国人の増加に伴い、思わぬ事態も発生しています。
昨年末、「日の丸」の国旗をと売りつけようとする外国人グループに注意するよう、港区愛宕警察署が注意を呼びかけたと伺いました。
この事案は、被害が少額である事や、100%詐欺にあたるという判断が難しいため、犯罪として表面化はしていませんが、外国人はひとりやふたりではなく、今年に入り、浅草や東京スカイツリー等の観光地だけでなく、区内の住宅街や、飲食店等で、活動する姿が目撃されています。聴覚障害を持つ旅人を装っている例も多く目撃されています。
こうした類は、今後も手を変え品を変え、続くことが予想されます。
訪日外国人に対する、私たちの善意やおもてなしの気持ちを踏み躙る、これらの誘いに乗らないよう、今後の目撃・被害・通報状況次第では、注意喚起することや警察などの機関とも連携して、情報提供するなど、対応すべきと考えます。区長のご所見を伺います。

以上で、私からの質問を終わります。
ご清聴ありがとうございました。
posted by 坂井ユカコ at 17:56| 東京 ☁| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | 更新情報をチェックする