本日もお読み頂きありがとうございます。ポチッとお願いいたします! にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
にほんブログ村

2013年09月01日

【回顧】木曽踊りを踊る旅その1(木曽福島・8月)

錦糸町河内音頭で奔走していてなかなか更新できませんでしたが、
かっぽれの会主催恒例バスツアーで、木曽福島に行ってまいりました。

写真を中心に、ちょっとした感想など、書き記しておきたいと思います。

sDSC_0436.jpg

木曽福島は宿場町。
ボランティアガイドさんと3時間くらいかけて町歩きをしました。
宿に帰って窓から表をみると、さっき歩いた道がすぐそこに。
きっと何も知らなければ、興味がなければ、30分もあれば一周してしまうだろう。
町と歴史に詳しいガイドさんが丁寧に(しかも面白く)紹介して頂いたことで、
その町に単純な面積を超えた深みと広がり、面白味ができました。

sDSC_0436.jpg

山村代官屋敷。
木曽の関所の関守として、代々この地を納めた山村家。
現在下屋敷と庭の一部が現存しており、一般に公開されています。

調度品や書物、鎧兜などが展示される中、私の目をくぎ付けにしたのが

sDSC_0433.jpg

安政年間の木曽の饗応料理。
この山の中で、海老や鯛など、海鮮を食べていたとは!
当時いかに山村家に権力があったのか言わずもがなです。

そして、、当時の盛り付け、斬新すぎて。
今度家で真似してみよう。間違いなく怒られそうです(^^;)

sDSC_0432.jpg

木曽川沿いに、ビッシリと立ち並ぶ家並み。

sDSC_0438.jpg

これは崖屋造りというそうで、当時、土地が少なかった地形から、川沿いの
崖を利用して、三階、四階建ての家屋が建てられ、未だに残っています。
見ているだけで怖いです。
よく崩れないなあと感心、そして洗濯物とか干してて落ちないだろうかと心配。

sDSC_0441.jpg

行人橋には小さな公園。足湯がありました。

町内に宿場町として栄えた様子が唯一残る「上の段」地域。
ボランティアガイドさんは、オリジナルでさまざまな小道具を準備。
小道具は各個人でかなり個性がある様子です。
来訪者をおもてなしする優しい気持ちが伝わってきて嬉しいです。

sDSC_0443.jpg

当時の建物をそのまま活かして、甘味処やオシャレなレストランが
たくさんあり、素敵な町並みです!

sDSC_0444.jpg

sDSC_0451.jpg

sDSC_0447.jpg

2011年12月11日

南房総へバスハイク

バスハイク。
「ヘイバス!」とバスをヒッチハイクしたわけではありません。

バスで行くハイキング旅行という意味です。
今回は南房総へいってまいりました。

好天に恵まれ、大変楽しい日帰りの旅。
買ったばかりの一眼レフを携え、いざ出発です。

というわけで、今回は画像がちな日記となることご容赦下さい。



068.jpg


今回ハイキングしたのは、千葉県勝浦市の鵜原理想郷。


070.jpg


暗く細いトンネルを抜けると。。。

071.jpg


青い海の小さな入り江。

072.jpg


なんだか見たことがあるのですが。
たしか南房総でこういうトンネルの中で、アワビを養殖してませんでしたっけ?
うろ覚えで未確認。

072x.jpg


ハイキングや登山に慣れた健脚のみなさん。
難なくスタスタと坂道を登ります。

075.jpg


076.jpg


登りきったところが、鵜原理想郷。

『鵜原理想郷』は、太平洋の荒波に浸食された、典型的なリアス式海岸です。深い入江を覆うように木々や海岸性の植物が、紺碧の海に突き出た岬の先端まで茂り合っています。その複雑な自然造形に惹かれ、古くから多くの文人墨客などが訪れ、数々の作品を残したほど美しく優れた自然景観をもっています。特に与謝野晶子は、昭和11年4月〜5月に友人画伯らと当地に滞在し、76首の歌を詠んでいるほどです。

千葉県勝浦市ホームページより参照
http://www.city.katsuura.chiba.jp/map/risoukyou.html


理想郷を詠んだ『篠田悌二郎』句碑がありました。

080.jpg


素晴らしい景色にしばしうっとり。
ちょっとしんどいハイキングのご褒美です。

081.jpg


火曜サスペンス。

083.jpg


名勝。鵜原理想郷

086.jpg



来た道を戻り(下り坂でこれも結構しんどい)、バス移動。
鴨川市の鯛の浦へ移動し、お待ちかねの温泉とお食事タイムです。


少し気になった「うどん会」。

087.jpg


おいしいお食事に舌鼓!

088.jpg


露天風呂。
あまりに気持ち良く、仁王立ちで海を眺める。
見えるかも、って。かめへんかめへん!!

089.jpg


温泉のすぐ裏には、日蓮聖人生誕の地といわれる誕生寺。
温泉はパスして、こちらに行ったり、鯛の浦で船めぐりをしている方もいらっしゃいました。
こちらは次回リベンジです。

092.jpg


帰りは、海産物を買い物ののち、海ほたるに立ち寄り帰路へ。
海ほたるでは、ちょうど日没の絶景を見ることができました。

097.jpg


富士山がこんなにクッキリ見えました!

098.jpg


海ほたるのクリスマスイルミ。

103.jpg


そして購入したお土産たち。

105.jpg

106.jpg

109.jpg


体も動かし、おいしいものと温泉。
思い切りリフレッシュできました♪


最近登録しました。クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
にほんブログ村

2010年12月18日

腹横筋(ふくおうきん)鍛えて腰痛対策

知人のパーソナルトレーナーが、ポールストレッチを使ったトレーニングの講習を行うということで、京橋プラザ(宝町)に行ってきました。

参加者のほとんどがご年配と聞き、一体どんなトレーニングなのか興味深々。
既に講習を受け、ポールストレッチを購入した方が対象でしたが、私は持っていないので、お借りして(^^;)の参加です。


1.jpg


まずは仰向けに寝て、体のバランスや床への接地感覚を確認。

円柱状のポールに体を乗せます。
はじめにお尻で座り、まっすぐ体を倒すのですが、結構グラグラします。
まわりのご年配は普通に出来ています。購入して3週間とのことですが、すごいです。


2.jpg


はじめは、いろいろな動きでもって体をのばしていきます。
体を伸ばした後、ポールから下り床に寝ると、やる前と接地部分が全然違っていてかなり驚きました。左右のゆがみも少なくなりました。

しかし、これは一時的に体が伸びた状態なので、数時間もすれば元に戻ってしまうそう。
バランスのよい体をキープするためにも、ストレッチの後、パワー系トレーニングを毎日行うことが大切だそうです。


3.jpg


今回は主に腹横筋(ふくおうきん)を鍛えるトレーニングを行いました。
ポールに乗った状態で、片足ずつすこし持ち上げる、という一見とても簡単そうに見える体操ですが、やってみると超大変!
片足を上げる際、もう片方の足のひざがバランスを取ろうと、つい外に開きたくなるのを必死でこらえながら行うと、全然足が上がらないんですよ。


もっと自分はデキル子だと思っていましたが。残念。
みんなは出来ているんだろうな。

って!
全然出来てないじゃないですか(汗)

あとで写真を見てホッとしました。


5.jpg


腹横筋(ふくおうきん)は、腹筋などで使う腹直筋(ふくちょくきん)や、外腹斜筋、内腹斜筋のさらに奥にあり、背中からお腹まで横に巻かれた形の筋肉です。
形のとおり、コルセットや腰痛ベルトの役目をする筋肉で、鍛えれば、腰痛を防げるだけでなく歳をとっても腰が曲がりにくくなるのです。


骨盤ベルトを巻くと、非常に腰が楽ですよね?
でも楽だからといって、骨盤ベルトばかりに頼っていると、体のコルセットである腹横筋(ふくおうきん)が衰えてしまい、結果人より早く腰が曲がってしまいます。

みなさん腹横筋(ふくおうきん)を鍛えましょう。
人間本来のコルセットならいちいち取り外しも不要ですよ!


4.jpg


抱き枕のような姿勢。
これはコロコロと床にポールを転がして、肩甲骨回りの筋肉をほぐしています。

テレビを見ながらやってもいいそうです。
ポールストレッチを居間に置いて、テレビ枕にしたり、ストレッチしたり。
いい使い方ですね!


健康づくりのために、うちの地元でも講習会開きたくなりました。
パーソナルトレーナーSさん、ありがとうございます。



話題は変わって私の政治活動。

松島みどり先生との2連ポスターが出来あがりました。
ご近所を中心に貼付を開始しています。

墨田区在住の皆さまで、貼ってくださる方、いらっしゃいましたら、http://sakaiyukako.jp/ にあるメールアドレスにご連絡下さいませ。


CA3A1622(2).JPG


3週間前から駅頭あいさつを始めました。

こんな感じで自転車を置いてその前で。


CA3A1629.JPG


時々会うお父さんにマックのコーヒーを頂いたり。
参院選で一緒にお手伝いした仲間がチラシ配布を手伝ってくれたり。

政治活動を始めてから、ひとの心の温かさに触れ、感激することばかりです。

このご恩は、仕事で返します。
だから、そのために、絶対勝たなきゃ。

頑張ります!


CA3A1620.JPG


坂井ユカコのホームページ