本日もお読み頂きありがとうございます。ポチッとお願いいたします! にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
にほんブログ村

2014年05月25日

トトロの森・狭山丘陵

先日、地元のレクリエーションでトトロの森〜狭山湖を散策しました。

狭山丘陵は映画『となりのトトロの』の舞台のモデルとなったといわれており、
一般に「トトロの森」として親しまれています。東京と埼玉にまたがり、東西
約11q、南北約4q、面積約3500haにわたってひろがるこの丘陵は、首都圏に
残された緑の孤島。ここには武蔵野の里山の景色が残っています。
そして、ゆるやかな丘と谷が織りなす四季折々の里山の美しい景色のなかに、
多くの動植物が息づいています。

トトロのふるさと基金Webサイトより
http://www.totoro.or.jp/intro/sayama_hill/

「トトロの森・狭山丘陵」。
西武球場駅から本当に歩いてすぐの場所にあります。
そんなに広い山ではありません。だからこそ別天地、ほんとうにトトロに
出会いそうな、夢の世界に迷い込んだ気持ちにさせる気持ち良い空間です。

CIMG4813.JPG

CIMG4814.JPG

ベンチで休憩していると、高台のあずまやでアコースティックギターの音色。
偶然練習をしている方がいたようです。素敵な演出ありがとうございました。

CIMG4809.JPG


この森は「雑木林」です。
作られた自然(身近に例えるならば、ゴルフ場のような植栽)ではない。
思い思いに植物、樹木が茂り、この森の自然を脈々と受け継いでいます。
不思議に心安らぐのは、そんな自然の息づかいを感じられる場所だから
なのかも知れませんね。

CIMG4812.JPG

この森はトラスト取得地です。
ナショナル・トラストとは、市民や企業から寄付を募って美しい自然や
歴史的建造物などを買い取り、将来に引き継いでいく運動のこと。
野生の生きものやその住みか、歴史的な価値のある文化財などを確実に
守ることができる方法で、1895年に英国ではじまりました。
トトロのふるさと基金では、1990年から土地を買い取る活動を始め、
寄附を募って少しずつ土地を取得、現在では24号地まで広がっています。

トトロのふるさと基金Webサイトより
http://www.totoro.or.jp/intro/national_trust/index.html

おまけ。

狭山不動尊ほか行く先で出会った狛犬さんたち。

CIMG4804.JPG
CIMG4805.JPG
CIMG4817.JPG
CIMG4818.JPG

2014年02月09日

房総「水仙ロード」へハイキング

先週のことですが
ハイキンググループの仲間と房総半島へハイキングしてきました。

毎年この時期に行っています。

まずは富山町にある「道の駅富楽里」に。

5.jpg

この道の駅、有名ですよね!
私も房総へドライブする際は必ず立ち寄って、新鮮なお野菜やお花、手作りの
スイーツなどを購入しています。
特に祭り寿司とさつまいものケーキはお気に入りで、年に何度も頂いています!

節分近くには、南房総市と交流のある道の駅が集合し、 9時半のオープニングの後
もち投げが毎年恒例。もちろん私達のハイキングはこの行事に合わせています(笑)

たくさんの参加者が、帽子や袋を持参して待ちかまえる中、もち投げ開始!!

結果発表!

全然収穫できず、周囲の方におすそわけ頂き、わらしべ長者です。

4.jpg

名物つみれ汁で反省。あったまりました!

3.jpg

道の駅富楽里
http://furari.awa.or.jp/index.html

その後、近隣にある菜花摘み園にて、今が最高の菜花の収穫。
自分で摘んで、袋いっぱい200円。
家に帰ってお浸しやからし和えにして。
新鮮な菜花は柔らかくて甘くて、とても美味しかったです!
咲いてしまった菜の花(こちらは無料)も鑑賞用として頂きました。

6.jpg

鋸南町へ移動。水仙ロードのハイキングです。

9.jpg

水仙ロードは、江月地区の町道の両側約3kmの道の両側に水仙が咲き乱れます。
鋸南町は水仙の日本3大群生地の一つです。片道30分〜40分程かかるコースですが
御堂から山頂まで至ると気分も爽やかに心地よくなります。
暖かい春の陽の光の下で風が弱い日はには、可憐な花とほのかな香りを漂わせます。
水仙ロードが人気のハイキングコースで楽しさを盛り上げてくれます。
(鋸南町ホームページより)
http://www.town.kyonan.chiba.jp/kyonan/

本当にすごい数の水仙が群生して、はじめて見る方は驚くかと思います。
ぜひ自然を満喫しにお出かけください!

8.jpg

この日は、千葉からのハイキンググループ(なんと総勢250名!)とすれ違い。
挨拶したりハイタッチしたり。みんな笑顔笑顔!自然は心を穏やかにしてくれますね。

水仙に囲まれながら、道の駅で買った祭り寿司でランチタイム。

2.jpg

水仙の香りが風に乗って♪

7.jpg


帰りに寄り道して酒蔵を見学。
日本酒と焼酎の製造工程を見学させて頂きました。
そして・・最後はもちろん
お味見大会で気持ち良くなってしまったことは言うまでもありません(笑)

10.jpg

和蔵酒造
http://www1.ocn.ne.jp/~kanouzan/index.htm

3時間みっちり歩いてよい運動。
山里の水仙ロードは、子供の頃過ごした田舎の匂いそのまんま。
青空と緑や花で目を、綺麗な空気で鼻の奥までリフレッシュすることができました。

1.jpg

2013年10月29日

【備忘録】初の富士山五合目

先日、ハイキングサークルで河口湖周辺に行ってまいりました。

栗駒山に登る軽いトレッキングチームもよかったのですが、、、
前日前々日と、すみだまつりこどもまつりで忙殺されて、何の支度もできず、
今回は散策チームに同行。

普通に観光しただけでしたが(笑)そのときの写真を備忘録的に投稿します。

リニアモーターカーが走る線路。
行程はほとんどトンネルで、騒音問題などもあり表に出た部分も全囲みだそうです。
早いのはいいけど、あんまりにも旅情がないのでは、とテスト段階から勝手に心配。

sIMG_20131014_085602.jpg

ぶどう狩り。
おひるごはん前だというのに、全員元を取ろうと一所懸命です。
わたしも2房頂きました。

sIMG_20131014_092931.jpg

もろこし街道では、キノコを販売していました。
山の恵み。リアルなめこ栽培たちです。

sIMG_20131014_102806.jpg

富士山五合目、人生(たぶん)初。

関西に住んでいると、富士山は、出張の行き帰りに車窓から眺めるものでした。
こんな感じで★

sIMG_20131014_074308.jpg

テレビでしか見たことがなかったレストハウスに大興奮。
御嶽神社にお参り。霧で五合目から上は見えないけど、幸せ♪

sIMG_20131014_114924.jpg

sIMG_20131014_121419.jpg

しかし霧で、、、みるみる何も見えなくなったのでした(笑)
機会があれば是非登りたいです!

sIMG_20131014_125912.jpg

2013年09月20日

お稽古を再開

DSC_0340.JPG

河内音頭休業期間を終え、かっぽれのお稽古を再開しました。

すみだまつりでの披露が目標!

今年も伊勢音頭。
かっぽれも少しやれるといいなあ。

DSC_0347.JPG

2013年09月02日

【回顧】木曽踊りを踊る旅その2(木曽福島・8月)

錦糸町河内音頭で奔走していてなかなか更新できませんでしたが、
かっぽれの会主催恒例バスツアーで、木曽福島に行ってまいりました。

写真を中心に、ちょっとした感想など、書き記しておきたいと思います。

その1、のつづき。

上の段で江戸の町並みに佇む、観光文化会館。

会館内には、木製の神輿のレプリカがありました。
東京や新居浜の御神輿と違い、なんの装飾もない御神輿。

sDSC_0445.jpg

奇祭と書かれておりました。
7月後半開催されたようです。

「みこしまくり」、とは、御神輿を、横へ縦へとグルングルンと転がす
(まくる)ということだそうです。
写真を見ると人が乗ったままみたい。すごい!勇壮です!
当然、おみこしはボロボロに壊れてしましますよね!
だから毎年このように白木で新しいものを作るんだそうです。

とはいえ、人的、経済的にも、お祭りを継続していくのは大変とのこと。
昔の写真には数えきれない沢山の人が見物しています。
この頃にはもう戻れないのでしょうか。

私も河内音頭を主となって行うにあたり、お金と人の問題は頭が痛いところ。
大変でしょうが、ここまで続いてきた歴史ある伝統行事ですから、なんとか
住民と企業、行政で力を合わせ、継承して頂きたいと心から思いました。

sDSC_0446.jpg

我々が木曽福島へやってきたのには理由がありました。
そう、踊りの会らしく「木曽おどり」を踊るためです。

木曽町観光協会
http://www.kankou-kiso.com/event/kisoodori.html

sDSC_0452.jpg

木曽町では、毎年夏の観光シーズンに併せて、みんなで「木曽踊り」を踊る催しが
行われています。これは、木曽節・木曽踊りを広く普及しようとするもので、
町では昭和の初めから行われている行事だそうです。

木曽節(木曽おどり)、ご存じないかたでも

♪木曽の〜中乗りさん♪木曽の御岳さんは〜なんじゃらほい♪はご存じですよね?
これを地元の「木曽踊り保存会」のみなさんと一緒に踊ろう、というのが
今回のメインイベントなのでした!

町役場前の広場には大きな赤い提灯。
灯された灯篭には木曽節の一節が書かれています。

sDSC_0454.jpg

そして、そして、私にとって一番嬉しかったこと。
木曽節が「生歌」だったんです!

保存会のみなさん(20人くらいいらっしゃったかな)が一節ひと節、
交代で歌っていかれるのです。それぞれ味があって素晴らしい!!

漆黒の空に赤い大提灯。点々とともる灯篭。
太鼓や三味線など、伴奏がない静かな空間に、味わい溢れる其々の
生声。もちろんPAは無く、歌声は少し籠った感じ。これがまたイイ!

静かな時間が流れていきました。

sDSC_0462.jpg

踊りに満足して。
翌日は馬篭を散策して帰路につきました。

おまけ。
馬篭で見かけ、心奪われたニャンコ。
家族に、6月に他界(13歳)した相棒に少し似ているね、と言われちゃいました(T-T)

sDSC_0466.jpg