本日もお読み頂きありがとうございます。ポチッとお願いいたします! にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
にほんブログ村

2014年03月05日

ジェイコム「ほっとセレクション 台東・すみだ」でイベント告知

昨日お疲れ&汗だく&化粧とれつつ臨んだ
ジェイコムすみだ「ほっとセレクション 台東・すみだ」収録。

来週月曜から商店街活性化イベント「北斎と錦糸町商店街」の告知が放映されます。
私のひどい顔はさておき(笑)内容盛りだくさんのこのイベントの概要をしっかり
お伝えできたのではないかと思います。視聴可能な方は是非ご覧ください!

墨田区・台東区では毎日
月水金日・・・7時30分、15時00分、18時00分
火木土・・・10時00分、18時00分、23時00分
江戸川区では週3回
月水金日・・・18時30分

司会進行のマセキ芸能所属ツインテルのお二人には河内音頭にも毎年来て頂き
もうすっかり仲良しです。

1688466_602059313207303_2003287055_n.jpg

さてもう一度イベントのおさらい!

錦糸町商店街振興組合は、墨田区を代表するイベントのひとつである
「すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り」を主催する錦糸町河内音頭実行委員会と共に
すみだで暮らした世界的絵師、葛飾北斎にちなんだぎわいイベントを各地で開催します。

★演芸北斎風景★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
北斎は、歌舞伎の仮名手本忠臣蔵を題材とした作品を何枚も描いています。
墨田区文化振興財団の五味学芸員による北斎作品とその魅力についての
解説を交えながら、林家はな平の落語「七段目」をお楽しみいただきます。

・落語「七段目」
林家はな平
・「すみだの葛飾北斎と浮世絵の忠臣蔵」
詳細:五味 和之 氏(墨田区文化振興財団学芸員)

■第二回■
3月22日(土)
14時開場 14時15分開演
豚ぜん
東京都墨田区江東橋4-26-16
入場無料 先着30名(当日受付のみ)

★すみだ錦糸町河内音頭ミニ盆踊り★★★★★★★★★★★★
北斎が描いた冨嶽三十六景の名作「相州箱根湖水図」。
すみだにゆかりが深い忠臣蔵にも箱根の茶屋を舞台にした
赤穂浪士神崎与五郎の物語があります。
昨年夏の錦糸町河内音頭で大活躍した河内音頭山中一平が
「神崎与五郎東下り箱根の茶屋」を生歌生音頭でお届け。
サルサ、ファンク、ボサノバほか、多彩な音楽シーンで活躍する江戸の歌姫、
五月家一蘭aka Yuqui-lah もお見逃しなく。
ひと足早く錦糸町河内音頭ミニ盆踊りをお楽しみください。

・「神崎与五郎東下り箱根の茶屋」山中一平
・「植村直己物語」五月家一蘭
・北斎画「箱根湖水図」
解説:五味 和之 氏(墨田区文化振興財団学芸員)

■夜の部■
3月16日(日)
18時〜19時30分
JR錦糸町南口駅前広場
観覧無料
■昼の部■
同3月16日(日)
13時30〜15時
JR錦糸町南口駅前広場
観覧無料

★パネル展★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
江戸時代に現在の墨田区で生まれ、90年にもおよぶ人生のほとんどを
「すみだ」で過ごした葛飾北斎。今回、世界中で高い評価を得ている彼の作品から、
有名な「冨嶽三十六景」をはじめ、錦糸町らしく「午(うま)」を描いたもの、
「錦糸町周辺やすみだ」を描いたものを錦糸町商店街が厳選、分かりやすい解説付きで
展示します。北斎作品の世界観を通して彼の生きた江戸の世界をどうぞお楽しみください。

■今年は午年、見れば今年も馬く行く!
「北斎が描いた馬」展

3月8日(土)9日(日)15日(土)16日(日)
JRAウインズ錦糸町東館・西館 入場無料

■「北斎〜すみだに暮らした世界的絵師」展

3月16日(日)〜3月22日(土)
11時〜20時30分
丸井錦糸町店 特設会場 入場無料

★江東橋三丁目の夕日★★★★★★★★★★★★★★★★★★
錦糸町南口。春分と秋分の数日間、真っ赤な夕日が、
京葉道路にまっすぐ沈むことをご存じでしょうか?
通の間でこの黄昏は「江東橋三丁目の夕日」として名高く、丸井やJRA、
歩道橋などから、沈みゆく夕日を眺めたり、撮影する人が大勢訪れています。
沈みゆく夕日、そこから30分ほどかけゆっくりとした日没。
消えゆく太陽と真っ赤な黄昏は時間を忘れる美しさ。
是非夕暮の錦糸町へお出かけください!

3月20日前後の約10日間
京葉道路、江東橋三丁目周辺

omote_s.jpg
posted by 坂井ユカコ at 23:14| Comment(0) | 錦糸町河内音頭・すみだ河内音頭同好会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

【ご案内】商店街活性化イベント「北斎と錦糸町商店街」

関係各位のご理解ご協力により、下記の通り、錦糸町でにぎわいイベントを
実施できる運びとなりましたのでご案内させて頂きます!

この一カ月間は、いろいろなところで、何かをやっているというイメージで、
落語会や写真展、そして錦糸町ではお馴染み河内音頭ももちろん生歌生音頭。
すべての催事が入場・観覧無料です。

終盤は「江東橋三丁目の夕日」が見ごろ。
みなさま、3月はどうぞ錦糸町へ何度もお出かけ下さい!

錦糸町商店街振興組合 × 錦糸町河内音頭実行委員会
商店街活性化イベント「北斎と錦糸町商店街」

omote_s.jpg


★演芸北斎風景★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
北斎は、歌舞伎の仮名手本忠臣蔵を題材とした作品を何枚も描いています。
墨田区文化振興財団の五味学芸員による北斎作品とその魅力についての解説を
交えながら、林家はな平の落語「七段目」をお楽しみいただきます。

・落語「七段目」
林家はな平
・「すみだの葛飾北斎と浮世絵の忠臣蔵」
詳細:五味 和之 氏(墨田区文化振興財団学芸員)

■第一回■
3月1日(土)
15時開場 15時15分開演
よみうりカルチャー錦糸町
錦糸町駅ビル「テルミナ」6階
入場無料 先着40名(当日受付のみ)
■第二回■
3月22日(土)
14時開場 14時15分開演
豚ぜん
東京都墨田区江東橋4-26-16
入場無料 先着30名(当日受付のみ)

★すみだ錦糸町河内音頭ミニ盆踊り★★★★★★★★★★★★
北斎が描いた冨嶽三十六景の名作「相州箱根湖水図」。
すみだにゆかりが深い忠臣蔵にも箱根の茶屋を舞台にした
赤穂浪士神崎与五郎の物語があります。
昨年夏の錦糸町河内音頭で大活躍した河内音頭山中一平が
「神崎与五郎東下り箱根の茶屋」を生歌生音頭でお届け。
サルサ、ファンク、ボサノバほか、多彩な音楽シーンで活躍する
江戸の歌姫、五月家一蘭aka Yuqui-lah もお見逃しなく。
ひと足早く錦糸町河内音頭ミニ盆踊りをお楽しみください。

・「神崎与五郎東下り箱根の茶屋」山中一平
・「植村直己物語」五月家一蘭
・北斎画「箱根湖水図」
解説:五味 和之 氏(墨田区文化振興財団学芸員)

■夜の部■
3月16日(日)
18時〜19時30分
JR錦糸町南口駅前広場
観覧無料
■昼の部■
同3月16日(日)
13時30〜15時
JR錦糸町南口駅前広場
観覧無料

★パネル展★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
江戸時代に現在の墨田区で生まれ、90年にもおよぶ人生のほとんどを「すみだ」で
過ごした葛飾北斎。今回、世界中で高い評価を得ている彼の作品から、有名な
「冨嶽三十六景」をはじめ、錦糸町らしく「午(うま)」を描いたもの、
「錦糸町周辺やすみだ」を描いたものを錦糸町商店街が厳選、分かりやすい解説付きで
展示します。北斎作品の世界観を通して彼の生きた江戸の世界をどうぞお楽しみください。

■今年は午年、見れば今年も馬く行く!
「北斎が描いた馬」展

3月8日(土)9日(日)15日(土)16日(日)
JRAウインズ錦糸町東館・西館 入場無料

■「北斎〜すみだに暮らした世界的絵師」展

3月16日(日)〜3月22日(土)
11時〜20時30分
丸井錦糸町店 特設会場 入場無料

★江東橋三丁目の夕日★★★★★★★★★★★★★★★★★★
錦糸町南口。春分と秋分の数日間、真っ赤な夕日が、京葉道路にまっすぐ沈むことを
ご存じでしょうか?通の間でこの黄昏は「江東橋三丁目の夕日」として名高く、
丸井やJRA、歩道橋などから、沈みゆく夕日を眺めたり、撮影する人が大勢訪れています。
沈みゆく夕日、そこから30分ほどかけゆっくりとした日没。
消えゆく太陽と真っ赤な黄昏は時間を忘れる美しさ。是非夕暮の錦糸町へお出かけください!

3月20日前後の約10日間
京葉道路、江東橋三丁目周辺
大きい画像で見たい方はこちらで
http://sakaiyukako.up.seesaa.net/image/omote.jpg
posted by 坂井ユカコ at 22:01| Comment(0) | 錦糸町河内音頭・すみだ河内音頭同好会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

錦糸町河内音頭があの雑誌に登場予定!

IMG_20131127_114715.jpg

先日、ライターさん、カメラマンさんと、久しぶりに錦糸町の音頭場へ。

当たり前ですが、そこはテニスコートと児童公園でした。

ここが正面受付、荷物預かりがあって、飲食エリア、左右に飲食屋台、
真ん中に踊りの渦、ステージ前には大勢の聴衆、、など、何もない所で
説明するものの、実際に体験しないで
現場を頭で再現するのは難しいですね。

1346340171_photo.jpg

とにかく一度、見て下さい。の一言につきますね。

なぜライターさんと音頭場に来たかと申しますと、
「すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り」が、あのメジャー誌に掲載予定だからです!

あの雑誌とは!?

・・・ちょうど時間となりました(お約束)。
本屋さんで「絶対河内音頭のってるはず」というタイトルでコンビニに並ぶはず
ですので、またのご縁とおあずかり(お約束)その時までお楽しみにどうぞ!
posted by 坂井ユカコ at 18:00| Comment(0) | 錦糸町河内音頭・すみだ河内音頭同好会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

【ケータイ写真館】第32回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り(2)

当日はカメラで撮影する暇もなく走り回っていた自分ですが、
なんどかケータイを構え撮影しておりました。

他のみなさまが撮影した美麗画像は別途公開するということで。
お目汚しですが、ミニコメントを添えて数回に分けて投稿いたします。

当日の様子。

公式グッズ販売中。

DSC_0283.JPG

公式うちわはカンパとして運営資金に。
コレクターズアイテムとしても人気が高いです!

DSC_0285.JPG

普段はお店やお仕事があったり、なにより数日前までは亀戸天神の大祭です。
そんな事情から準備を手伝えない町会関係のみなさんも祭礼で疲れた体にムチ
打って、笑顔で来場者を迎えます。

DSC_0286.JPG

錦糸町河内音頭大盆踊りは「踊り」「音楽」で繋がったひとたちが集まるお祭り。
「こんなに若い人が集まるのに不良がいない」と驚きの声しきり。

DSC_0287.JPG

理事長と丸井の塚原副店長
いい笑顔!

DSC_0291.JPG

提灯で協賛してくれたみなさん。ありがとうございます!

DSC_0292.JPG

楽日終了後、本部で打ち上がり。
これから車で大阪に帰る一行も。

素晴らしいパフォーマンスをありがとう。
おつかれさまでした。お気をつけて!

DSC_0295.JPG

DSC_0297.JPG
posted by 坂井ユカコ at 09:00| Comment(0) | 錦糸町河内音頭・すみだ河内音頭同好会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

【ケータイ写真館】第32回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り(1)

カメラで撮影する暇もなく走り回っていた自分ですが、
なんどかケータイを構え撮影しておりました。

他のみなさまが撮影した美麗画像は別途公開するということで。
お目汚しですが、ミニコメントを添えて数回に分けて投稿いたします。


たしか前々日あたりの様子。
今年は提灯の配置図がわりと早く出来あがりました。

DSC_0252.JPG

開場前の場所取りはご遠慮ください。(まじめにお願い)

DSC_0271.JPG

今年は入りが例年より早く、まだ外が明るい7時前にほぼ満員状態に。
アンテナ高い人のマストイベントという口コミが広がった影響もあり?

DSC_0273.JPG

年に一度の来訪者との積もる話は尽きずかなり遅くなってしまうため、
初日は宿泊することにしております。ファミーイン武本社長ありがとう。

DSC_0274.JPG

楽日、昼間の音頭場。

DSC_0276.JPG

初日、楽日、スタッフは櫓前集合、ブリーフィングから1日がスタート。

DSC_0282.JPG
posted by 坂井ユカコ at 09:00| Comment(0) | 錦糸町河内音頭・すみだ河内音頭同好会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする