本日もお読み頂きありがとうございます。ポチッとお願いいたします! にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
にほんブログ村

2016年10月24日

町会の防災訓練

IMG_8278.JPG

日曜は町会の防災訓練でした。
当日はあいにく本所・向島消防団の合同点検と日程が重なり、朝から本所管内の消防団員の多くは事前準備に出ていました。
我々7分団不在の防災訓練はいつもと違う雰囲気でしたが東駒形出張所の署員さん、区防災課の皆さんの活躍で無事終了しました。

IMG_8280.JPG

IMG_8285.JPG




posted by 坂井ユカコ at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | 町会・近隣町会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徒然なる町会活動

この秋の日々の町会活動など、
ツイッターで投稿した記事を集めてみました。






posted by 坂井ユカコ at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | 町会・近隣町会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

牛島神社祭礼お疲れさまでした

牛島神社祭礼お疲れさまでした!
夢のような3日間のお祭り騒ぎが終わりました。
・・・泥のような体をいたわりながら、平常稼働いたしましょう(^^:)

昨日は朝から片付け。
休日で人手も多く、婦人会でお昼の配膳も例年より忙しかったです。

最後にお供えものを分配。
鳳凰のくわえていた稲穂は、毎朝スズメに餌をあげているお隣のスレート屋さんに進呈。

CPaAtgiUwAEFtSe.jpg


来年はいよいよ大祭ですね。
しっかり準備をして、素晴らしいお祭りにいたしましょう。


14364831_1151147108298518_7534280368129496237_n.jpg


14390825_1151147924965103_3137414462856726092_n.jpg

14333679_1151147078298521_8441200928276406418_n.jpg

14358998_1151137321632830_7693397721476861385_n.jpg


14332987_1151137318299497_258583950334182803_n.jpg


posted by 坂井ユカコ at 11:33| 東京 ☀| Comment(0) | 町会・近隣町会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

東駒形二丁目に新規ゲストハウスがオープン

IMG_1219.JPG

駒形橋、吾妻橋を渡れば浅草、浅草寺あたりまで歩けば12〜3分という好立地のわが東駒形二丁目に、また一軒、新しいホステルが誕生しました。

今回新規参入されたのは、オークハウスのホステル事業。
「オークホテル富士」
http://oakhostel.com/jpn/fuji/


IMG_1197.JPG

IMG_1220.JPG

この会社は、渋谷を拠点にシェアハウス事業を展開されているのですが、今回ホステル(ゲストハウス)事業に新規参入され、鶯谷に「オークホステル禅」を昨年5月にオープンされ、今回のホステル東駒形は3店舗目となるそうで、昨年、町内でも説明会も実施して頂きました。


IMG_1216.JPG

IMG_1214.JPG

先日内覧させて頂いたところ、ベッドごとに番号が振られ(ベッドひとつがひと部屋という概念)貴重品は廊下に設置したロッカーで保管するそうです。シャワーブースや洗面、IH調理器具やサロンは共同、ドミトリータイプで3000円台が中心のようです。


IMG_1209.JPG

IMG_1211.JPG


統括責任者である木下氏は、長年ホテルマンとして旅館業に携わられていたこともあり、個人的にはほとんど心配はないと感じましたが、オープンして半年くらいは、いろいろと出てくると思います。
ただ、トラブルが発生した時も、こちらにはすぐに対応できるフロントや夜間常駐する責任者がいますので、現状、問題に対してはスピーディに対応して頂いています。
また地域活動に積極的に参加していくとのこと。地域の活性化に貢献して頂けることに私たちも大いに期待しております。どうぞよろしくお願いします!

このようにフロントを設置したり、安全管理、避難経路等、適切な運用で宿泊者を受け入れているホステルやゲストハウスを私は応援しています。

IMG_1200.JPG

IMG_1217.JPG

IMG_1212.JPG

IMG_1207.JPG

過去記事
【雑記】わが町のホステル・ゲストハウス状況

テレビで報道されている民泊問題について、旅館業法の一部改正は野良民泊には適応されませんので、わが区でも資産運用向けマンション等で、残念ながら多数の野良民泊が行われている実態があります。サイドビジネスとして民泊サイトに登録されている方は、売上を所得として申告されているのでしょうか。
規制を緩和するという事は、(現状に即した)新しい規制を作る、ことだと私は認識しています。
所有者に居住の実態がなく、民泊マッチングサイトに登録している等、有料で宿泊先提供意思を示す方には、近い将来、現実に即した規制が適応されることになると思います。

とはいえ宿泊場所の不足は現実問題だし後追い感は否めません。国や自治体主体ですとどうしても個別の事例に対応しにくくなりますので、例えば区分所有法にある、全体の利益に反する行為を禁じる規定や、マンションの管理規約に「専ら住居として利用する」といった条項を設けるなど、まずはマンション側として予防策を講じて頂くことをお願いいたします。


IMG_1203.JPG

IMG_1206.JPG
posted by 坂井ユカコ at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | 町会・近隣町会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

【雑記】わが町のホステル・ゲストハウス状況

外観.jpg

駒形橋、吾妻橋を渡れば浅草、浅草寺あたりまで歩けば12〜3分という
好立地のわが東駒形二丁目に、また一軒、新しいホステルが誕生することに
なり、先日、町会役員会の席上で事業者からの説明が行われました。

思い返せば、駒形橋を渡った隅田川沿い台東区にあった「カオサン東京」の
アネックス(支店)がわが坂井家のお隣に出来たことが、わが家、わが町会
におけるゲストハウスとのお付き合いの始まり。
この周辺ではほぼいちばん最初のことだったと思います。
衝撃、いやエポックメイキングな出来事でありました。

当時は上田社長の下、小澤専務がアネックスを切り盛りしていました。
上田社長が拠点を移動、引き続き小澤社長が舵を取り、今日のカオサン東京
の大成長は皆様ご存じのとおりです。

外国人観光客の急激な増加と、多様化に伴い、カオサン東京は2013年に
わが区から撤退し、浅草を中心に全国展開にシフトしました。

参照記事・カオサン東京アネックス閉店
http://sakaiyukako.seesaa.net/article/379183530.html

一時、カオサンの社員寮として使われていたお隣は、来月から同じカオサン
の卒業生がシェアハウスを起業することに決まり、今は改装工事の真っ最中
です。お隣として、近隣にご迷惑をおかけすることがないよう、ビシバシと
指導させて頂きますね!

話を戻して。
今回新規参入するのは、オークハウスのホステル事業。
http://www.oakhouse.jp/

この会社は、渋谷を拠点にシェアハウス事業を展開されているのですが、今回
ホステル(ゲストハウス)事業に新規参入され、鶯谷に「オークホステル禅」
を5月にオープンされ、今回のホステル東駒形は3店舗目となるそうです。

鶯谷は企業の社員寮を改装したもので、おなじみドミトリータイプのほか、
シングル、ファミリーとさまざまな客層向けに部屋を用意しているようです。

「オークホステル禅」ホームページより引用。

def_hostel-dorm-417x253.jpg

def_hostel-semidouble.jpg

def_hostel-lounge-417x134.jpg

def_hostel-kitchen-417x134.jpg

わが区でも先進的にホステル耐性のあるわが町内ですので、ゲストハウスで
起きる大体のトラブルはすでに体験済みで、質疑も的確ゆえに、事業者には
耳の痛い話もあったようです。

これまで経験したトラブルはいろいろありますが、避けて通れないのは下記2点。

騒音

宿泊者の組み合わせが良すぎる(もとい、楽しいメンバーがそろった)時、
また世界的イベントがある時などは、室内ラウンジに限らず、陽気が良い
と屋外で、大騒ぎしてしまうのです。
ちなみに身近にゲストハウスができたことで「日本人は声が小さい」という
ことがよくわかりました。骨格からか、声の通り方が、全然違うんですよね。

われわれも旅先では楽しい気持ちになってはしゃぎますよね。その気持ちは
とても理解できるし、一定のサイクルで利用者は入れ替わるので、毎日毎晩
というわけではありません。通常「昨夜はうるさかった」という苦情に対し、
連泊客だった場合に限り、管理者が注意するという流れになるでしょう。

喫煙問題

防火防災の観点から、おそらく屋内は禁煙になり、喫煙は表に灰皿等を設置
する形になると思いますが、一度に100人を収容するこの施設、相当数の
喫煙者がいることが想定されます。

連日連夜軒下で喫煙されたのでは、煙、においの問題が必ず発生しますし、
屋外への灰皿放置による防災上の問題等も出てきます。
屋内禁煙自体を守らず窓際で喫煙して吸い殻を窓からポイというのも定番の
トラブル。それでは室内に喫煙ルームを作ろう、となっても、実は出入りが
我々には分からないだけに、余計火災が心配だったりするわけで。

私からも、今回の新規出店は、国家特別戦略区域法における旅館業特例を
見据えた事業なのか?避難経路等消防法に準じた適切は設備となっているか?
旅館業として運営する場合、フロントは設置されているのか?等いくつか
質問をさせていただき、事業者から明快な回答をいただきました。

特例を見据えた事業であれば、フロントを設置する義務がないため、どこの
どなたかわからない不特定多数の外国人が自由に入れ替わり立ち替わりで
出入りされても管理ができませんし、また密室で何をやっているのかわからず、
もし違法なこと、危険なことが行われていても、住民には分からないのです。

今回われわれの町で新規営業を開始するのオークハウスさんは、統括責任者
が、長年ホテルマンとして旅館業に携わられていたこともあり、個人的には
ほとんど心配はないと感じました。
特に、上記のようなトラブルが発生した時、すぐに対応できるフロントや
夜間常駐する責任者がいることに安心しました。
町会活動はもちろん、宿泊者に対して周辺商店、飲食店を案内するなど、
地域活動に積極的に参加していくとのこと。地域の活性化に貢献して頂ける
ことに私たちも大いに期待しております。どうぞよろしくお願いします!


2013年に国家戦略特別区域法(特区法)が施行され、国家戦略特別区域では、
一定の条件の下で外国人滞在施設経営事業が旅館業法の適用除外となり、許可が
なくてもマンションやアパートなどの空き部屋を外国人観光客向けの宿泊施設と
して利用することが可能となり、今月14日に、国家戦略会議で、大田区内で
個人宅やマンションの空き部屋に訪日外国人が宿泊する「民泊」営業が認められ
ました。

連日の報道からも、慢性的なホテル不足と空き家対策、需要と供給の一致もあり
「民泊」を推奨する流れは今後ますます加速していきそうです。

airbnb-640x520.png

そんな中、個人が空き家・空き部屋を使い、利用者を泊めることで収入を得る、
いわゆる「民泊ビジネス」が、世界的に広がりを見せています。
写真はその一例「Airbnb」の検索画面。
このような感じで、気軽に民泊先を探すことができればよいですね。
ホストのみなさんともお友達になれそう(なイメージ)です。

しかし民泊にも課題があります。
元々のコストが、旅館業と民泊ではケタ違いで、防災・衛生・安全面で一定条件を
クリアしないと許可を受けられない旅館業とは違い、「民泊」は、通常義務付け
られているフロントの設置義務がなく、従来ある建物を利用するため、避難経路や
防災対策、衛生基準等も手緩いと言わざるを得ないということです。

前述の通り、今回の特例空き家対策として有効とされる「民泊」も、使われ方次第
では、違法な取引の拠点や犯罪行為の温床になったり、そんな危険もはらんでいます。
(上記でご紹介した「Airbnb」の場合はホスト(貸主)保証制度があります)

民泊に限らず、ホテル形式でない宿泊施設は、管理者と地域が密接で良好な関係を
築くことがキモとなってくるでしょう。クレーム(=意見)を言いやすい風通しの
よい環境が大切です。
地域との協調なきゲストハウスは「お互いさま」がないので、ちょっとしたことで
通報を受けたり、摘発の対象になってしまう場合もあるからです。

もちろん空き家が解消され、行政も経済効果も上がると手放しで喜んでいるだけで
はなく、きっちりと監視・監督していく必要があるといえますね。
posted by 坂井ユカコ at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | 町会・近隣町会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする