2021年05月09日

墨田区の新型コロナウイルス予防接種についてまとめ

h

5月1日から、65歳以上の高齢者から予約が始まり、いよいよ一般の方々へ向けたワクチン接種が本格化していきます。

ワクチンは、接種対象者全員に用意されています。接種層ごとに予約開始時には回線やネットが一時混雑しますが、慌てないで時間を空けてご予約頂きたいと思います。

高齢者ご自身・ご親族の皆様へ

5月10日から始まる高齢者接種では、会場でそのまま3週間後の同じ曜日同じ時間で2回目の予約が取れることになりました。予定が合わない場合、接種の翌日ご自身で電話予約していただく事になりますので、出来れば、予定を空けていただくよう、スケジュール調整をお願いいたします。

ワクチン接種について、動画にまとめました。(手前味噌ですが多分わかりやすいです)ぜひご覧下さい。

ご覧になれる環境がない方は下記テキストを参考にして下さい。

【5分で解説】ユカコッコちゃんねる★墨田区の新型コロナウイルス予防接種


◆墨田区ワクチン接種対象者の数と接種予定

墨田区の人口  27万5,000

医療従事者 8,000人 >> 間もなく完了

高齢者(65歳以上) 6万1,000人 >> 6月末ほぼ完了の目処

基礎疾患をお持ちの方 1万7,000人 >> 7月中旬ほぼ完了の見込み

高齢者施設でお勤めの方 4,000人 >> 7月中旬ほぼ完了の見込み

60〜64歳の方 1万3,000人 >> 7月下旬にほぼ完了の見込み

そのほか一般の方 14万1,000人 >> 9月迄に7割の方が1回目接種完了

接種対象者合計 24万5,000




◆墨田区での接種体制

・最初の4か月は集団接種をメインに、個別接種がカバー

・ワクチンの種類が増えていく段階で、個別接種会場を増強

・集団接種会場は、区役所含め4か所の施設で土日祝日含む毎日

・個別接種会場は、7救急病院を中心に、多数の診療所

・予約は、集団接種及び7救急病院は区が受付(web・コールセンター)、その他の個別接種は直接診療所へ申込

墨田区医師会等の全面協力


◆接種ができる場所


◉集団接種(区内4施設で実施)

①墨田区役所1階ギャラリー(吾妻橋1丁目)

②みどりコミュニティセンター(緑3丁目)

③立花体育館(立花1丁目)

④旧隅田小学校(墨田5丁目)

コールセンター(電話)・予約システム(スマホ)で予約が可能

開設期間 = 510日(月)から95日(日)の4カ月

ファイザー社製ワクチン接種数の60.5%をカバー

土・日・祝日含む毎日開設し、合計14万回接種(7万人分)

集団接種会場が閉じる9月5日には、60歳以上の接種は完全完了。残る一般世代も接種対象の約7割が1回目のワクチン接種を終えている。


◉個別接種会場(区内7箇所の二次救急病院)

①東京曳舟病院(東向島2丁目)

②済生会向島病院(八広1丁目)

③中村病院(八広2丁目)

④墨田中央病院(京島3丁目)

⑤賛育会病院(太平3丁目)

⑥山田記念病院(石原2丁目)

⑦同愛記念病院(横網2丁目)

コールセンター(電話)・予約システム(スマホ)で予約が可能

接種期間 = 510日㈪~令和4228日㈪

超低温冷凍庫が配置し、ワクチンを管理


◉サテライト型接種施設(区内の医院や診療所)

個別接種会場である二次救急病院から2日(5日間で打ち切れる量を分配)車でワクチンを配送

区内55医院(4月25日現在)

注)各病院・医院へ直接電話等で予約となるため、かかりつけ医にご相談下さい


◉接種会場一覧

https://www.city.sumida.lg.jp/kenko_fukushi/kenko/yobou_sessyu/covid-19/wakuchinsessyu.html


◆5月9日現在、進行中、終了した接種

①高齢者入所者等への接種 >> 4月から接種開始、5月中に完了(現在4,000人超が接種)

②医療従事者への接種 >> 4月中に1回目の接種が終了

③訪問看護を受けている方 >> 利用者の自宅で接種

④自宅で介護を受けている方     〃   〃


◆接種への流れ

①接種クーポンが届く

②どこで接種したいか決める

③予約してワクチンを接種する

コールセンターは、接種予約以外にもさまざまな対応を行なっているため、予約開始日には電話が大変混雑することが予想されます。

スマホやパソコンを使った予約をお勧めいたします。


◆当日の持ち物

①クーポン券

②本人確認書類(運転免許証・健康保険証・マイナンバーカードなど)

③予診表

スムーズに接種を行うため、予診表は前もってわかる所だけでも記入してご持参下さい。記入間違いが心配な方も予診表記入内容を対面で確認できる場所が接種会場には用意されています。また書き損じ用の予備もあります。


◆副反応について

今回のワクチンは、メッセンジャーRNAmRNAを採用しています。

ウイルスの表面にある突起物(=スパイクたんぱく質)の設計図をもとにこれをを攻撃するための抗体を作り出すワクチンです。(取り込まれたmRNA分解され、人間のDNAが存在する細胞核の中には原理的に入ってきません。ネットで人の細胞に取り込まれるといったデマも見かけますが、惑わされないようにしましょう)スパイクたんぱく質が体内で作られると、体の中で免疫が発動し、すみやかに抗体を作ることで、いざコロナウイルスが入ってきたときに速やかに攻撃態勢を作れるようにすることができるようになります(液性免疫)。また攻撃の仕方をキラーT細胞に指示して覚えこませて、免疫細胞が直接ウイルスを撃退できるようにもなります(細胞性免疫)

安全性はインフルエンザワクチン等と比較しても桁違いに低い今回のワクチンですが、

・ショックやけいれん発作が起きやすい、アレルギーやてんかんの既往がある方は、かかりつけ医で接種をお願いします。

・接種会場には状態観察の場所を用意します。(接種後約15分~30分経過観察)

・ショックやけいれん等の症状が出た場合、速やかに医療従事者が応急処置し、病院に搬送

ワクチン接種jは強制ではありません。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。


◆墨田区コロナワクチン接種問い合わせダイヤルでは下記の対応をしています

・接種券の再発行

・接種会場案内

・集団接種会場と2次救急病院の

・予約・キャンセル受付

・その他接種に関するお問い合わせ

posted by 坂井ユカコ at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください