2020年04月07日

【会合の書面・委任状開催の「ひな形」配布を開始】提案実現!

‪‬提案した「会合を書面・委任状開催する支援ツール」が区ホームページに公開されています。特措法緊急事態宣言発令の前日になんとか間に合いました。

総会を書類開催する場合の書類の作り方、委任状表決のひな形がダウンロード出来るようになっております。町会自治会だけでなく、各種団体の総会等にも使えますのでぜひご活用下さい。

この施策のキモは、緊急事態において任意団体の活動に対して行政が踏み込んだ事にあります。

任意団体は行政に縛られないため、その活動は各団体に任されています。しかし町会からは、「各町会のご判断でと言われても本当はどうしたら良いの?」、「区として指導があれば連合町会レベルで統一判断と出来るのだが」、といった本音が聞こえてきます。
区から補助金を受け行政活動の一端を担う団体としての確固たる姿勢、律儀さが伺えるのです。

なんとか判断基準を示して差し上げたい!!

今回のような対応は初めてです。このお墨付きで団体は書類・委任状開催する理由が出来、同時に会員の皆さまの安全も確保できる事に繋がります。
提案から1週間足らずで動いて下さった地域力支援部のご尽力に感謝申し上げます。


以外墨田区ホームページより

新型コロナウイルス拡大に伴う町会・自治会主催イベント・総会等の扱いについて




更新日:2020年4月9日

 現在、新型コロナウイルス感染症に関しては、感染者が複数確認されており、東京都も不要不急な外出自粛を都民に呼びかけているところです。区においても、外部・内部を問わず、概ね10人以上で行われる会議については原則行わないこととする、やむを得ない事情で会議を実施せざるを得ない場合は、換気をしながら必要最低限の人数で30分以内を目安に実施することとしています。
 各町会・自治会においても「会員への感染が広がる」ことが懸念されるという状況に至っております。このような状況を踏まえ、各町会・自治会におかれましても、3つの「密」((1)換気の悪い密閉空間、(2)多数が集まる密集場所、(3)間近で会話や発声をする密接場面)を避けていただくとともに、当面、総会をはじめとする、会員等が多数集まる集会・イベント等の開催についてはご判断くださいますようお願いいたします。
 なお、総会については、開催の必要性を踏まえた上で「延期」もしくは「書面表決」をご検討ください。参考までに、下記のとおり「書面表決」に係る関連書面の様式例を掲載しましたので、必要に応じてご活用ください。
 今後とも感染拡大防止に向けた取組について、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。


0BC11FB4-3C8E-4965-B261-8B840CC62C52.jpgEB77F0EF-87DF-46B7-9FAE-4EA0B9B54801.jpg


posted by 坂井ユカコ at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください