2019年10月01日

産業都市委員会 TIPS 公民連携へ一歩!墨田区立公園、自動販売機設置へ

近年の都市公園法令の改正等により公園内での民間活力導入に関する規制が緩和されるなど、多様な公園の活用が望まれてきていることから、公園利用者の利便性をいっそう向上させることを目的に、自動販売機設置事業者の募集を行い、2社の飲料自販機が区内公園に設置される事になりました。(産業都市委員会報告より)

私は公園が持つ大きな可能性に期待をします。

近年オープンカフェの開設やイベント開催など民間事業者が公共空間で収益を上げながら地域に賑わいを創出する事例が全国で生まれています。また民間事業者の力を借りて公共空間の場づくりを行う方向に国も舵を切り始めています。
今回の墨田区立公園内の自販機設置、一見小さな一歩ですが、こうした動きを、公共空間の利活用と民間主体のまちづくりに繋げて行きたい。支出の抑制や歳入の確保は、行政サービスの充実、区民福祉の向上に直結するからです。
無論、事業を行う上で、隣接する住民や事業者との調整、公平性の担保という行政なりの正義の克服等、公共空間ならではの難しさもあると思います。課題を整理し、公民連携を行う上で規制緩和と行政はどのような支援を行うことができるのか検討しないといけません。
ノウハウの蓄積、行政と比較にならない情報発信力等、民間の力を借りることで、結果として公共空間が、地域の皆様にも来訪者にも、利便性と賑わい、くつろぎの空間になればと私は考えます。


今回のポイント
・公園法第5条に基づく公園施設の設置許可による
・設置期間は 5年間(運用状況に問題がなければ、1回に限り更新可能)
・設置事業者からは土地使用料のほか、設置にかかわる使用料を徴収
・自販機設置事業者は、アサヒ飲料株式会社、株式会社伊藤園墨田支店
・利用料率はいずれも売上の30%
・9月上旬から順次設置を行っていく
・墨田区は年間約2500万円の使用料を得る見込み


3F189511-D959-465D-920E-0FBD5E8DC378.jpeg

8F4E5C65-38FD-423A-BC7F-A6CDBBF44A44.jpeg


事例紹介
大阪城、民間活力の導入で年間マイナス4000万円からプラス2億5000万円に
(産経新聞30年5月3日記事より)

大阪のシンボル、大阪城公園(中央区)が民間企業の三角で生まれ変わり、多くの観光客が訪れています。訪日外国人や観光客(インバウンド)増加を追い風に、飲食店や土産物店などが新設され、滞在型観光拠点としての魅力がアップ。大阪城天守閣の昨年度の入館者数は275万人で3年連続過去最多を更新し、大阪の一大集客エリアとして賑わっています。
大阪城公園はこれまで大阪市が管理運営をしてきましたが、天守閣や施設ごとに担当が異なり、全体を観光拠点としてうまくアピールできていませんでした。このため大阪市は民間の力で集客を強化しようと事業者を公募、平成27年度からは大和ハウス工業や電通など5社からなる大阪城パークマネジメント共同事業体が管理運営をしています。
大阪市は委託料を支払わず、共同事業体が私に固定費と収益に応じた納付金を支払う仕組みです。事業体は27年度に約2億4000万円、28年度は約2億5000万円を大阪市に納めました。吉村大阪市長は「2億円以上が納付され、住民サービスに活かせている」。

A1A4EFF5-FBCC-4B0F-AF9C-398F838F4857.jpeg
何やら今は場内広場でオクフェス的なことを開催している


治安イマイチの南池袋公園が超気持ちいい空間に!
(東洋経済オンライン29年3月25日記事)

この公園は、ゴミ回収、トイレ掃除、地元商店街やイベントへの参加など、地域貢献に意欲ある事業者を募るため、公募要項に工夫をこらしました。その結果、選ばれた地元の人気ビストロ「Racines」(ラシーヌ)が公園内に飲食施設をオープン、大変な人気を呼んでいます。
実は、都市公園法では「便益使用」できる(利益を上げてよい)建物の面積は「敷地の2%まで」となっています。同公園では「利用者のためになる施設」ということで、最大10%まで緩和、すばらしい公園が実現しました。

40E2D7F8-474D-4FE7-887B-DD0383643419.jpeg

133F1989-3BD3-48F0-861F-AD14A9397AD2.jpeg

8B2FB42C-7870-45F9-BB8E-E7E193CAED5F.jpeg
先月、ひとりで豊島区を視察してきた際撮影

沼津にできた泊まれる公園、大臣賞 都市公園コンクール、公民連携評価
(静岡新聞SBS元年9月28日掲載)

沼津市足高の愛鷹運動公園内にある複合宿泊施設「INN THE PARK(インザパーク)」が27日、日本公園緑地協会が主催する第35回都市公園コンクールの特定テーマ部門で、最高賞の国土交通大臣賞を受賞した。
 インザパークは、閉鎖した市立少年自然の家を民間事業者がリノベーションし、2017年9月にオープンした。少年自然の家を改修した宿泊棟のほか、森の中に球体型やドーム型のテントが設置されている。自然を楽しめる“泊まれる公園”として人気を集め、昨年度は延べ6千人が利用したという。

F6326F03-0BF7-4B09-9EF6-65B897C526E7.jpeg
公共施設は不便で使いにくいという現代の感覚を払拭


posted by 坂井ユカコ at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください