本日もお読み頂きありがとうございます。ポチッとお願いいたします! にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
にほんブログ村

2018年03月31日

平成30年度予算特別委員会E集団回収に対する報償基準見直しを提案

53F87DF0-4EFC-4875-9155-75365CF3ED9E.jpeg

無償の奉仕に頭が下がる集団(廃品)回収」。区内の約400団体が登録しています。

回収した量により、各団体には6円/kgの「報奨金」が支払われ、団体の活動に有効活用されていますが、実はこの報奨金、自治体によって差があります。
中野区・葛飾区・杉並区は7円/kg、世田谷区が10円/kg、荒川区は町会等手弁当の団体には15円/kg、管理従事者がいるマンション等は7円/kgと差をつけています。

現在本区では資源処理に、古紙13円、びん50円、缶137円(いずれも/kg)と、多くの予算を使っていますが、これらを集団(廃品)回収で行った場合、処理費用は7円で済むことがわかっています。(数字は東京都環境局最新年報、墨田区発行すみだの環境より参照)

集団回収は町会等地縁団体に依るところが大きいのは皆様ご存じの通りです。
本区は地域力日本一を目指し、町会加入促進施策を展開していますが、肝心の町会の皆さんにも奮起して頂けるような施策を展開することも重要です。

この調査結果を受け、私は、集団回収量を増やすことにより資源処理費が圧縮できる可能性が大きいことを指摘したうえで、地域力に欠かせない町会活動のインセンティブのひとつとして報償金額の引き上げを検討すべき、と提案しました。   
posted by 坂井ユカコ at 11:06| 東京 ☀| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。