2018年03月31日

平成30年度予算特別委員会③24時間ごみの捨て方教えるAiを23区初導入

エーAアイi 資源物やごみ出し方法等に関する質問に、Ai(エーアイ=人工知能)が会話形式で回答するシステム(チャットボット)を、墨田区が23区で初めて導入することになりました。

清掃事務所には、毎日300本近く、ごみの捨て方に関する問い合わせ電話が入り、職員が対応に追われており、このたびの
①「チャットボット導入」と②「ごみの分け方・出し方ブック内容刷新と全戸配布」で、墨田区は、廃棄物処理計画の目標達成を目指します。

E90A9B03-E421-42D0-BF4F-8E5764E73609.jpeg
横浜市のチャットボット操作画面

同じAiは昨年横浜市で導入されていますが、1年経過していないため検証結果が出ておらず、議会では時期尚早との声も上がりました。
私からは、これを契機に業務改革・サービス改革を推進し、区民の利便性向上と福祉増進に繋がるAi導入となるよう強く求めました。
posted by 坂井ユカコ at 09:35| 東京 ☀| Comment(0) | 区政情報・議員活動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください