2014年12月19日

【写真で綴る】2014衆院選(その3)

衆議院銀選挙ではみなさまのあたたかいご支援により、
松島みどり先生が5期目の当選をさせて頂きました。

今回は、来年の統一地方選挙公認候補として、選挙戦の
お手伝いをさせて頂きましたので、都度撮影したスナップ
写真を備忘録として投稿しておきたいと思います。

選挙戦最終日の夕方、打ち上げ式が行われました。

s12.jpg

今回の選挙戦。
まずはお詫びからのスタート。
個人的印象ですが、今回の選挙、冒頭から大変厳しいと感じました。
誰も政策ビラを受け取ってくれません。
候補者本人に対してはもちろん、なぜ今解散総選挙、という疑問が
関わり合いたくない、という意志となって現れていたんだと思います。

今回はそんな逆風のなかでも、候補者に当選してもらいたい。
事務所まわりは女性部中心に、選挙カー、街頭は、自公の墨田区議団、
そして我々立候補予定者が一丸となり戦いました。

朝日新聞を辞めて、落下傘で縁もゆかりもない、墨田区にきて20年…。
10月あんなことがあった私に、車で回るなか、みなさんから温かい言葉を
沢山かけていただいて…そして今もこのように大勢の方々ご支援を頂き…
私は、義理人情に厚いこの下町に来て、本当に、本当に…幸せだと思う。

こみ上げる涙で声を詰まらせつつ、松島先生はこのように仰いました。

私も坂井家に嫁いだ身、墨田区を愛する気持ちは人一倍あるつもりだけど、
生まれ育っていないから、同級生も、ママ友もいない、自分は他の区議と
違い、根っこのない人間なのか、その事を、ずっと気にしていました。

下町を愛し、墨田区のために情熱を持って、尽力する先生の姿を見ていると、
自分も勇気づけられ、奮い立つ気持ちでいっぱいになった打ち上げ式でした。

翌日は朝一番に投票所へ。

s13.jpg

その後、消防少年団のクリスマス会の運営で中座したのち、開票30分前に
事務所にきてみると、、、すごい報道陣の数です。
痛恨の「うちわ問題」ではからずも墨田区は注目の選挙区なのです。
支援者が殆ど座れません!

s15.jpg

8時半には松島先生本人も登場し、全員でNHKの選挙速報を見ながら
当確を待ちます。

s16.jpg

他の局から遅れる事40分。当選確実。
その瞬間をとらえた一枚(ネットニュース)を町内の方がキャプチャ
にして送って下さいました。

s17.jpg

民放のインタビューで「政治とカネの問題でみそぎを済ませた」という
キャスターからの問いかけに、

大臣を辞任したのは、辞任会見から申し上げている通り、野党の追及で、
これ以上国会を空転させてはいけない、アベノミクスを止めてはいけない
という理由であって、私はこのことを政治とカネの問題とは考えていない。
また、みそぎは済んだわけではなく、これから自分が衆議院議員として、
日本のため、地域のために、しっかりと働いていく事、その事こそが、
みそぎであると考えている。

そのようにしっかりと自分の言葉で回答されていました。
若輩者が言うのは大変おこがましいですが、松島先生は、またひとつ、
大きく成長(偉そうにスミマセン)されたと思いました。

そして、そんな彼女を全力でお支えするとともに、これからも私たち、
地元の人間(区議会、都議会ふくめ)連携をとりながら、墨田区のため、
東京のため、そして日本のためにしっかり働いてもらわなければならない
そう感じました。

s18.jpg

その後は報道陣に配慮して慌ただしく墨田区と荒川区を往復。

翌日の選挙報告会では支援者ともう一度万歳三唱して、
やっとダルマに目が入りました。
謝罪と感謝とゆるがぬ決意、やはり泣いてしまった先生と我々。

s19.jpg

s20.jpg
posted by 坂井ユカコ at 08:00| Comment(0) | 墨田区自民党・自民党東京都連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください