2013年09月25日

BQパワーズよ永遠に!

実は、、、
私の所属する、ガバナンスリーダー一期生からなる「チームBQパワーズ」。

今後の活動継続の足がかりとして、墨田区の公募する助成事業、平成25年度
墨田区協治(ガバナンス)まちづくり推進基金(すみだの力応援基金)に応募、
7日7日(日)に行われた公開プレゼンテーションに参加しておりました。

http://www.city.sumida.lg.jp/sumida_kihon/governance/suisinkikin/kikinshinsakai/kikinsiryou25-2.files/koukaipurezen.pdf

IMG_3586.jpg

エントリーしたのは下記10団体。

NPO法人隅田川・江戸文化観光振興会
両国地区の文化観光振興に資するための街歩き事業「両国七福めぐり」

すみだ地域ねこの会
地域で解決する野良猫対策

BQパワーズ
未婚者に親切で丁寧な出逢いの場を作る事業

NPO法人 向島学会
寺島地域の歴史を探り、学ぶ事業「寺島まちの歴史掘り起こし隊」

一寺言問を防災のまちにする会
こども達と一緒に地域防災学習「イザ!カエルキャラバン in 寺島」

特定非営利活動法人朗読の会・話輪和
すみだのおはなし会事業

なせなるプロジェクト
故郷すみだ再発見事業 2013

特定非営利活動法人地域コミュニティ研究所CicoLavo
マチナカレッジすみだ(仮称)

すみだレクリエーション協会
D1だじゃれグランプリ東京オープン in すみだ

特定非営利活動法人マイフェイス・マイスタイル
墨田区内における「見た目問題」アドボガシー事業

(提出順)

10団体の応募のなかで、1団体が申請を辞退、採用7団体、不採用2団体。
BQパワーズは残念ながら「不採用」となってしまいました。

http://www.city.sumida.lg.jp/kakuka/kuminkatsudousuisinbu/kuminkatsudou/25jyoseijigyou.files/25hyouka.pdf


DSC_0379.jpg

↑鏡にうつった残念会に参加のメンバー@馬刺し居酒屋(江東橋四丁目)

というわけで先日残念会を開催したわけですが。
その中で活動を今後も継続していくべきかどうかという話が出ました。

私は助成金に応募してみよう、というところまでは一緒にまとめたものの、
実際のプレゼン資料作成などに関して、河内音頭シーズンで殆ど手伝えず、
プレゼンの進行を一緒に考えたくらいで。
もっと手伝えていたらと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

活動実績としては2年、助成金への応募ははじめて。
最初から最後まで初めてのことだらけで、区役所に何度も足を運んで、
いろいろな思いをしながら準備してくれた仲間に感謝です。

それだけに、今後どうしていこう、という事も、今回頑張ってくれた仲間に
決定権があると考えていました。
残念会では「解散するしかないのかなあ」というニュアンスで別れました。

DSC_0454.jpg


そんな思いを引きずりつつ、
ガバナンスリーダー養成講座二期生との交流会に参加してまいりました。

DSC_0456.jpg

二期生のみなさまは少数精鋭!
ITスキルが格段に高く、映像を世界中に発信していくというアプローチ。
一期生とはまた全然違う行動力に感心しきりの私でございました。

しかし、その交流会で、二期生のみなさまから、BQパワーズへの尊敬と期待、
そして二期生としてできることは何でもやるので、どうか継続して欲しい、
という意外なことばを聞いたのです。

ダメダメの結果に意気消沈していた私たちですが、案外外部からは評価され、
応援してくれる人がとても多いことに驚き、元気が出ました。

考えてみれば助成金事業に選ばれた団体は、我々など足下にも及ばない実績を
お持ちです。もともと「ダメもとで出してみよう」と決めた参加だったのに、
当日のプレゼンで、審査委員やオーディエンスの反応が非常に良かったことで
私たち、いつの間にか思いあがっていたのかも知れません。

まあ、そんなこんなで。
どうやら自分達のペースで継続活動していこうかな、という展開になりそう。
BQパワーズは永遠に不滅!ですね^^

IMG_3583.jpg
posted by 坂井ユカコ at 10:16| Comment(0) | ガバナンスリーダー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください