2013年11月15日

秋の火災予防週間です!~11/15(金)

999620_547878495292052_1325710165_n.jpg

町会や公共機関、銀行などでこの石黒賢さんを見た方も多いと思います。

ただいま東京消防庁および管内各自治体では、平成25年秋の火災予防運動
が実施され、私の所属する消防団でも毎晩車などで広報活動を行っています。

平成25年、墨田区における火災件数は、11月13日現在25件。
この数字は昨年より19件少なく、この状態を保持できれば、火災発生
最低件数の更新が見込めるとのこと。
ゴミ出しルールの周知、放火対策実施など、市民(区民)の防災意識の
高まりがこの成果につながっていると思います。

ところが都内全体に目を向けると、火災件数は横ばいよりもやや右肩上がり。
昨年度より多い出火件数になってしまいそうな様相です。

東京消防庁管内の25年度の出火原因、上位5位をみてみると
第1位「放火」・・・858件
第2位「たばこ」・・・428件
第3位「ガステーブル等」・・・209件
第4位「電気ストーブ」・・・75件
第5位「大型ガスこんろ」・・・49件

相変わらず「放火」などの不審火が1位です。

そして、過去10年間で「死者」が出た住宅火災原因ワースト3は
第1位「たばこ」・・・死者303人(うち高齢者139人)
第2位「ストーブ」・・・死者96人(うち高齢者80人)
第3位「こんろ」・・・死者90人(うち高齢者60人)

それぞれの予防対策は以下の通り。
我々世代より、犠牲者は高齢者が圧倒的に多いのです。
該当する部分がないか、ご両親、おじいちゃん、おばあちゃんの
生活を観察してあげて下さい。

「たばこ」
・寝たばこは絶対しない
・灰皿は水を入れて使う
・就寝前には吸殻確認

「ストーブ」
・ストーブの近くに燃えやすいものを置かない
・外出・就寝前には必ず火を消す
・ストーブの上には洗濯物を干さない

「こんろ」
・その場を離れる時には必ず火を消す
・こんろの周りに燃えやすいものを置かない
・袖口や体が火に触れないよう注意する

火災で失うものは、あなたや家族の生命・財産だけではありません。
近隣のお宅にも同様のことがいえます。
これから年末にかけ、空気も乾燥し、どんどん火災が起こりやすい環境
になっていきます。日ごろから火災予防に留意いただけるようよろしく
お願いいたします。

写真は13日に江戸博ホール開催の「防火のつどい」より

IMG_20131112_142606.jpg
posted by 坂井ユカコ at 09:00| Comment(0) | 消防団・消防少年団・安心安全 | 更新情報をチェックする

ツイッター、今日の発言まとめてみたわよ!






posted by 坂井ユカコ at 00:01| Comment(0) | 本日の投稿まとめ | 更新情報をチェックする